So-net無料ブログ作成

今年もデザルプ。 [スイスのイベント]

2008/10/26 Dimanche

もう、一ヶ月も前なのですが、今年もデザルプ(Désalpe)に行ってきました。
お友達が住むプラファイエン(Plaffeien)という村です。
この村はドイツ語圏なので、デザルプじゃなくてアルプアプツーク(Alpabzug)と言いますが…。

デザルプというのは、山上の牧草地(アルプ)での放牧が終わる頃、
周辺の山々に散らばっていた牧童たちが一斉に山を下りてくる「牧くだり」のこと。
アルプスの伝統の風習です。

牛が一生懸命歩いて降りてくる姿や、村の人が「ご苦労さま〜」と言って迎える姿、
牧童たちの晴れやかな顔が好きです。

20081026desalpe1.jpg
(朝4時頃出発して、歩いて降りてくるのだそうです。)


20081026desalpe2.jpg
(村とその周辺の人々が沿道で拍手でお出迎え。お!?楽な感じでお迎えしている人が…)


20081026desalpe3.jpg
(お年寄り3人組でした。ホテルのバルコニーから見物。
 牛が降りてきていないときは、音楽やダンスなど楽しい(?)催しが続きます。)


20081026desalpe4.jpg
(おしゃれな飾りを付けている牛。いつもより大きいベルを付けられて疲れたのか涙が…!?)


20081026desalpe5.jpg
(かわいい牛。後ろのかわいい二人は役に立っているのでしょうか…?)


20081026desalpe6.jpg
(こんな子牛も必死で歩いています。歩かないと置いて行かれちゃうものね…。)


20081026desalpe7.jpg
(村のイケメントリオでしょうかぁ〜?)


20081026desalpe8.jpg
(女性の方がやはり華がありますねー。かわいい。しかし…足下には…!)


このように山から下りてきた牛たちは、一度広い草原に放たれて
牧場の飼い主たちが引き取りに来ます。

20081026desalpe9.jpg
(ホッと一息の牛たち。)


20081026desalpe10.jpg
(頭も首も重いのよねー。)



牛たちが歩いたあとの道路は、牛のおとしもので茶色になります。
臭いもすごいのかもしれないけど、ずーっとそこにいるのでわからなくなってしまいます。

ふと、観光馬車担当の女の子の足下を見ると…恐ろしいことに!!

20081026desalpe11.jpg
(きゃー!どうすんの!?そんなになって…。○○○だらけ!)

伝統行事なので、みなさん、その州の民族衣装を着ていてとってもいい雰囲気。
村のほとんどの人がこのメイン通りに集まっている感じで、
友達は、あちらこちらに挨拶していました。ちいさい村の付き合いも大変ねー。
でも、楽しそう!(お気楽なことを言っちゃってごめんね。うふ。)


nice!(6)  コメント(11) 

nice! 6

コメント 11

わか

あんなに大きなカウベルと、花飾り付けられた暁には、
涙も出てくるでしょう~
バルコニーにいる真ん中のおじいさん、手を振っていたので、
私も画面に向かって振り替えしました (笑い)
街角で音楽が奏でらていてるもの良いな~ ♪
○○はあとで、どなたか掃除されるのかな?
by わか (2008-10-27 07:33) 

Bonheur

かわいい~。どの牛さんもかわいい~。お花つけてでっかいカウベルつけて。でもご本牛たちは「何これ、今年もまた変なのつけられて迷惑~」とか思っているかもしれませんね。涙を流している牛さん、初めて見ました。お疲れ様~と声をかけたいですね。
ホテルから悠々と見物されているお年寄りも良い雰囲気ですね。
いいなあ、としか言葉が見つからないです~。
by Bonheur (2008-10-27 13:01) 

わか

誤字訂正です。
手を振り替えし→手を振り返えし
by わか (2008-10-27 19:28) 

みんこ

わかさん、こんにちは。
街角(村角?)では、アルプホルンの演奏やヨーデルの歌声も
聞けたりして、とってもスイスっぽかったですよ。
そうそう、落とし物の○○○は、雨が降るまでそのままです。
ぜ〜んぜん気にしないのです。○○○を!!
そこら中にあるから道路だけ気にしてもしょうがないんですね。
私も気にならなくなっちゃってます。牛や馬のものは…。
これってまずいですよね!?マヒしてますね。
by みんこ (2008-10-28 07:17) 

みんこ

Bonheurさん、こんにちは。
かわいいでしょう!?牛。
特にかわいい子たちを載せてみました。
みんなが自分の前を通るとき、フランス語圏のデザルプだと
「ブラボー!」って声かけるんだけど、
ココはドイツ語圏なので、なんて言ってるのか…トホホ。
まあ「お帰り〜おつかれ〜!」みないな感じだと思います。
ココのデザルプは人と牛の間に柵がないので、牛にタッチしたり
(ほら、お相撲さんの背中をバシバシ叩くみたいに)、
かなり近づいて写真撮れたりします。
小さい村ならではの牧くだりでした〜。
by みんこ (2008-10-28 07:24) 

くにぷ

相変わらずローカルなお祭りが多いですね。たのしそう。ウシの落とし物については出稼ぎ先のドイツ系スイス人も、「靴はいてるから別にいいじゃん」と気にしておりませんでした。
そんな彼らはまたもや休暇に突入です。「仕事の続きはハロウィンが終わってからね」だと。トホホ。
by くにぷ (2008-10-28 21:49) 

みんこ

くにぶさん、こんにちは。
落とし物についてですが、そうなんです。
靴はいてるし問題なし!って感じなんですよ。でも、
「あんたらそのまんま家に入るんと違うの!?」って突っ込みたく
なります。その床、チビッコたちが転がって遊んでいたり
するわけだし、日本人的には絶対イヤー!!って思いますよね。

by みんこ (2008-10-29 06:44) 

miki

お久しぶりです。デザルプなつかしい。&スゴイイベントだよね。
日本じゃ考えられないもん!
楽しんでるね!^。^v

ところで、メルアド変わった?送れなかったよ・・。
by miki (2008-10-31 10:37) 

Ballacki

こんばんは^^
牛さんの体の色とお花の色とがマッチしてとってもいい感じ♪
しかし、道路はこのお祭りの時は歩きたくないかも^^;
村のイケメントリオの右のおに~ちゃんのほっぺが赤くて可愛いですねw
by Ballacki (2008-10-31 17:51) 

みんこ

mikiさん、こんにちは。
メール入れたけど届いた?
メルアド変わってないけど…なぜかしらね。
デザルプ懐かしいでしょう?こちらは相変わらずよー。
その変わらず加減がいいのかもね…こっちは。
最近それが分かってきたような気がします。
by みんこ (2008-11-01 08:09) 

みんこ

Ballackiさん、こんにちは。
デザルプの後の道は本当にすごいですよ。
車道がずーっと茶色いの。どうしてこんなにも…!って感じ。
でも、スイスにいたらそれはもう日常茶飯事。慣れますよ〜。

by みんこ (2008-11-01 08:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。